2006年01月14日

「独眼流」、立花証券オーナー・石井久氏の新年の景気予想

私は立花証券と20数年付き合っています。

ここのオーナー・石井久氏は「天才相場師」とも、「先が読める現代の賢者」とも評すべき人物として、昔から大変有名な方です。

なにしろ、一介の株式新聞記者から身を起こし、一代で、今や一流と評される立花証券を築き上げ、未だに上場もしないでいられる経営内容を誇っています。

この方は、今は実務から離れていて、顧客の前に現れるのは、年頭の景気予想の講演などのときだけのようです。

昨年の年末に立花が送ってきた、顧客向けのペーパーに久しぶりに石井氏の景気予想が出ていました。傾聴すべき内容ですので、概略をご紹介します。


(1)新年の株式市場の概況予想---曲折を経ながらじわじわと上がる展開。

(2)良い兆し・各論

 ジ什澆梁臀侏莵發蓮通常、相場の末期に現れる現象だが、今から出ているということは、需給関係が非常によいと言うこと。

∈2鵑侶糞こ搬腓論鏝綺把垢箸覆襪世蹐Α

07年に消費税引き上げがあれば、もちろん悪材料だが、引き上げ前の駆け込み需要で07年半ばまでは好材料に。

こ高は個人資産を増やし、さらなる株高を呼ぶ。

ゴ覿箸不況下で減量経営を行ってきて、健康体になっており、現在のレシオ22倍は30倍へ。強気でよい。

ζ銀の量的緩和の解除、すなわち金利の上昇は、債券相場にはもちろん悪材料だが、800兆円の預貯金のアップする金利の一部が流れ込んできて、株式相場には好材料。

У貲後半のドル高は季節要因。今年の3月に向けて1ドル115〜110円に円高へ。

団塊世代の大量定年退職により、退職金60兆円の一部約30兆円が流れ込んできて株高要因へ。

(3)悪い兆し・各論

。娃掲に消費税引き上げか。

外国人投資家が、そろそろ天井と判断して売り始める可能性。但し、今年ではない。

8什澆慮玉だか(60ドル/バーレル)が70ドルを超えてきたときは世界経済に打撃。

っ翊拘的には人口減少問題が非常に重要。

ズ鯒の3割に及ぶ株高は、10数年もの低迷の反動で特殊な現象。今年はない。

(4)結論---新年の投資のスタンス

〔段疏択に当たっては、1).業績見通しが良いもの、2).レシオが低く割安なもの、の二点をしっかり守ること。

投機的なやり方より、純理論的な投資的感覚の方が、成功の確率が高い。


以上が石井久「教祖」のご託宣でした。理論家教祖の面目躍如といったところです。(以上)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smily2005/50327981