2006年01月16日

「出る杭」の足を引っ張るこの国の度し難い風土!ライブドアに司直の手!

●本日、次のようなニュースが流れました。誰が密告(さ)したのでしょう。悪質な謀略の匂いがします。「楽○」筋か?「○ジテレビ」筋か?

「 <ライブドア>証取法違反容疑で本社、堀江社長自宅など捜索

 インターネット関連企業「ライブドア」(東京都港区)グループによる企業買収を巡り、堀江貴文社長(33)らが自社やグループ会社の株価をつり上げる目的で虚偽事実を公表した疑いが強まり、東京地検特捜部は16日、証券取引等監視委員会と合同で、同社や堀江社長の自宅など関連先を証券取引法違反(偽計、風説の流布)容疑で一斉捜索した。ニッポン放送株のフジテレビとの争奪戦やプロ野球への参入表明、衆院選立候補などで注目を集めたIT時代の寵児(ちょうじ)による不透明な行為は、刑事責任を問われる。
 関係者によると、ライブドアの関連会社「ライブドアマーケティング」(LDM、当時バリュークリックジャパン)=東証マザーズ上場=は04年10月25日、出版社「マネーライフ社」を株式交換で子会社化すると発表した。しかし、マネーライフはそれ以前に、ライブドアが出資して実質支配する投資ファンド「VLMA2号投資事業組合」によって既に買収されており、子会社化発表の際にはこれを隠して虚偽の事実を公表した「偽計」の疑いが持たれている。
 さらにLDMは同年11月12日、自社には利益はなかったのに、架空売り上げを計上して利益があったように装い「完全黒字化した」と虚偽の事実を公表した「風説の流布」の疑いがある。
 特捜部は、こうした虚偽事実の公表は、ライブドアの保有する株式の価格つり上げを図る目的だったとみている模様だ。
 風説の流布は、相場を変動させるために虚偽の情報を流す行為。違反すれば5年以下の懲役か500万円以下の罰金が科される。
 また、LDMはマ社の子会社化の際、1600株を新たに発行し、マ社株を100%保有するVLMA2号投資事業組合との間で「株式交換」したとされる。しかし、実際に株式は交換されずにLDMに残り、市場で売却して資金調達した疑いも浮上している。
 <ライブドア>
 堀江貴文社長が東大在学中の96年4月に設立した有限会社「オン・ザ・エッヂ」が前身。97年7月に株式会社化し、00年4月に東証マザーズ上場、04年2月に現社名に変更した。検索や電子メールなどを組み合わせた巨大なインターネットのポータル(玄関)サイト運営をはじめ、買収などにより証券、金融、不動産など幅広く事業を展開。05年9月現在、資本金約862億円、従業員数699人。
(毎日新聞) - 1月16日22時36分更新 」

●堀江さん!こんな謀略に負けないで欲しい!

●日本と言う国はどうしてこう「出る杭」の足を引っ張るのでしょう。せっかく「新しい日本」が産声をあげたというのに!

●「風説」というけれど、それでどれだけ株主が被害を被るというのでしょう。仮に事実だとしても、勢いのあるこの会社と経営者が株主に損をさせるとは思えません。

●過去に、いわゆる「政治銘柄」はもっとひどいことを、いくらでもやっているのに、司直の手が入ったことはありません。それどころか、青息吐息の会社を無理矢理生き延びさせています。

●司直もついに政治の道具に堕したのでしょうか。景気の回復期に、よりによって象徴的な成長株を殺す具を犯す。司法当局は、いったい何を考えているのか!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smily2005/50332718