2006年03月26日

テレビでようやく「微罪」の声が出始めましたね!

政府とマスコミの、「ライブドア告発」と「ヒューザー問題様子見」という優先順位を誤った対応を苦々しく思っていましたが、ここに来てようやく、テレビのコメンテーターから、

「ライブドア問題は、こういっちゃあナンですが、微罪の印象がありまして、もっと優先順位の高い問題、例えば外交や財政再建等喫緊の問題がたくさんありますから、ライブドアだけで予算等の問題の処理が遅れては----」

という発言がでてきました。ようやくマスコミの連中の頭が冷えてきたようです。さて次は政局です。民主党の永田某が大ドジ踏んで、自民党にすっかり時間的・精神的余裕を与えてしまいました。

実効ある政策を何にもしない、カッコだけの小泉政権の責任をもっと追及しなければいけないのに、永田某は議員辞職抵抗しているとか。

しつこく下らんヤジを飛ばして、昔、松波議員に国会で水を引っ掛けられたようなヤジ議員などさっさと首にすべきです。

国会はもっと大事な仕事をしなければ!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smily2005/50462375