2006年09月17日

一代の風雲児とクズ男<ホリエモン裁判>

ホリエモン裁判が始まりました。堀江貴文氏と宮内亮治氏の法廷での様子が報道されています。

報道を読む限り、人間の格の違いが明確に現れていますね。

堀江氏は「こんな下品で小粒な人間の相手なんかできるか!」と思っていることがありありと見て取れます。

一方、宮内氏は----、ああ、何と見苦しい!

税理士資格という、苦労して手に入れた貴重な財産を失いたくない、という一心なのでしょう。しかし、宮内は脱税はしておらず、むしろ、払わなくて良い税金まで払ってるくらいです。税理士資格剥奪の心配なんて、することないでしょう。むしろ税務署から表彰されても良いくらいです。イヤ、これは冗談です。

それなのに、かっての盟友を、ここまで口汚く非難できる彼の心根がさびしいです。宮内亮治は男のクズというべきでしょう!

堀江氏は宮内を仕事の上の片腕として重用し、お陰で宮内はライブドアの取締役として財をなしました。

でも堀江氏は、宮内をあくまでも使用人としてビジネスライクに 見ていました。良い働きには良い報酬で報いれば十分だと。当然のことです。

それが高卒で学歴コンプレックスのある宮内には物足りなかったのでしょう。堀江氏のような「東大卒の大物」に「人間として対等に扱って欲しかった」と。私は宮内の心の内をそう想像しています。

実績を挙げ、取締役に抜擢され、高給を与えられても、いや「形」の上で評価が上がれば上がるほどに、宮内の心の中では、新たな得体の知れぬ「飢餓感」が生まれ、成長していったのかもしれません。

大企業やお役所のような、オーナーのいない、サラリーマン社会でしたら、抜擢されれば周囲の見る目も変わり、トップも普通は全幅の信頼を置くようになます。

でも成功したオーナー経営者は違うでしょうね。あくまでも「俺が引き立ててやった奴」つまり、どこまでも「ただの使用人」という目で見るでしょう。これは仕方ないです。事業家という、命がけでリスクを引き受けている人種の、それが当然の権利です。

結果的に、「心」までは金では買えなかったということになりますが、堀江氏だって「人の心を金で買おう」なんて思ってもいなかったでしょう。ビジネスライクに「ギブアンドテイク」を実行したに過ぎないはず。

慎重で細心な堀江氏は、宮内の人間性もとっくに読みきっていたでしょう。現在の宮内の見苦しい態度は、多少の戸惑いはあったかもしれませんが、概ねこれも先刻承知のこと、いわゆる「想定内」だったでしょう。

客観的に見れば、二人ともまだまだ若いので、こんな微罪の裁判なんて、無罪だろうと有罪だろうと「屁」でもないはず。ふたりの人生は、それぞれこれから先、ひと展開もふた展開もあるはず。

それなのに、目の見えない宮内は、見苦しく取り乱し、すっかり男を下げました。宮内はもう「終わり」でしょう。 結審後、彼がどんな人生を歩むか要注目です。転落人生を歩まなければ良いのですが。

そこへ行くと堀江氏の態度は、従来に変わらず堂々としています。 若いのに大したものです。

一代の風雲児、堀江貴文氏の、よりスケールアップした復活を期待したいと思います。  

Posted by smily2005 at 10:44Comments(0)TrackBack(0)

一代の風雲児とクズ男<ホリエモン裁判>

ホリエモン裁判が始まりました。堀江貴文氏と宮内亮治氏の法廷での様子が報道されています。

報道を読む限り、人間の格の違いが明確に現れていますね。

堀江氏は「こんな下品で小粒な人間の相手なんかできるか!」と思っていることがありありと見て取れます。

一方、宮内氏は----、ああ、何と見苦しい!

税理士資格という、苦労して手に入れた貴重な財産を失いたくない、という一心なのでしょう。しかし、宮内は脱税はしておらず、むしろ、払わなくて良い税金まで払ってるくらいです。税理士資格剥奪の心配なんて、することないでしょう。むしろ税務署から表彰されても良いくらいです。イヤ、これは冗談です。

それなのに、かっての盟友を、ここまで口汚く非難できる彼の心根がさびしいです。宮内亮治は男のクズというべきでしょう!

堀江氏は宮内を仕事の上の片腕として重用し、お陰で宮内はライブドアの取締役として財をなしました。

でも堀江氏は、宮内をあくまでも使用人としてビジネスライクに 見ていました。良い働きには良い報酬で報いれば十分だと。当然のことです。

それが高卒で学歴コンプレックスのある宮内には物足りなかったのでしょう。堀江氏のような「東大卒の大物」に「人間として対等に扱って欲しかった」と。私は宮内の心の内をそう想像しています。

実績を挙げ、取締役に抜擢され、高給を与えられても、いや「形」の上で評価が上がれば上がるほどに、宮内の心の中では、新たな得体の知れぬ「飢餓感」が生まれ、成長していったのかもしれません。

大企業やお役所のような、オーナーのいない、サラリーマン社会でしたら、抜擢されれば周囲の見る目も変わり、トップも普通は全幅の信頼を置くようになます。

でも成功したオーナー経営者は違うでしょうね。あくまでも「俺が引き立ててやった奴」つまり、どこまでも「ただの使用人」という目で見るでしょう。これは仕方ないです。事業家という、命がけでリスクを引き受けている人種の、それが当然の権利です。

結果的に、「心」までは金では買えなかったということになりますが、堀江氏だって「人の心を金で買おう」なんて思ってもいなかったでしょう。ビジネスライクに「ギブアンドテイク」を実行したに過ぎないはず。

慎重で細心な堀江氏は、宮内の人間性もとっくに読みきっていたでしょう。現在の宮内の見苦しい態度は、多少の戸惑いはあったかもしれませんが、概ねこれも先刻承知のこと、いわゆる「想定内」だったでしょう。

客観的に見れば、二人ともまだまだ若いので、こんな微罪の裁判なんて、無罪だろうと有罪だろうと「屁」でもないはず。ふたりの人生は、それぞれこれから先、ひと展開もふた展開もあるはず。

それなのに、目の見えない宮内は、見苦しく取り乱し、すっかり男を下げました。宮内はもう「終わり」でしょう。 結審後、彼がどんな人生を歩むか要注目です。転落人生を歩まなければ良いのですが。

そこへ行くと堀江氏の態度は、従来に変わらず堂々としています。 若いのに大したものです。

一代の風雲児、堀江貴文氏の、よりスケールアップした復活を期待したいと思います。  
Posted by smily2005 at 10:44Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月26日

米国の侵略作戦、第4弾、裁判員制度!



皆様、米国が、日本政府を指導して、着々と日本を米国化していることをご存知ですか。

関岡英之氏の著書「拒否できない日本」が始めて教えてくれた事実です。

対日改造計画は、秘密でもなんでもなくて、駐日米国大使館のホームページに、計画文書が和訳つきで公開されているのです。そして、この計画が実行されているかどうか確認と督促をする定例会議まで設けられているそうです。


http://tokyo.usembassy.gov/pdfs/wwwfj-regref20051207.pdf

裁判員制度もその1つ。現在一番ホットな政策は司法改革です。建築基準法の緩和、金融改革、会計制度改革はすでに一丁上がりです。司法改革もあとすこしというところまで来ています。

次の改革派農業改革でしょうか。

皆さん、わが国政府を信用してはいけませんぞ。わが国政府は、魂まで、米国に売り渡してしまったのです。張本人は竹下登とも、宮沢喜一ともいわれています。  
Posted by smily2005 at 21:56Comments(0)TrackBack(0)

米国の侵略作戦、第4弾、裁判員制度!



皆様、米国が、日本政府を指導して、着々と日本を米国化していることをご存知ですか。

関岡英之氏の著書「拒否できない日本」が始めて教えてくれた事実です。

対日改造計画は、秘密でもなんでもなくて、駐日米国大使館のホームページに、計画文書が和訳つきで公開されているのです。そして、この計画が実行されているかどうか確認と督促をする定例会議まで設けられているそうです。


http://tokyo.usembassy.gov/pdfs/wwwfj-regref20051207.pdf

裁判員制度もその1つ。現在一番ホットな政策は司法改革です。建築基準法の緩和、金融改革、会計制度改革はすでに一丁上がりです。司法改革もあとすこしというところまで来ています。

次の改革派農業改革でしょうか。

皆さん、わが国政府を信用してはいけませんぞ。わが国政府は、魂まで、米国に売り渡してしまったのです。張本人は竹下登とも、宮沢喜一ともいわれています。  
Posted by smily2005 at 21:56Comments(0)TrackBack(0)

テレビでようやく「微罪」の声が出始めましたね!

政府とマスコミの、「ライブドア告発」と「ヒューザー問題様子見」という優先順位を誤った対応を苦々しく思っていましたが、ここに来てようやく、テレビのコメンテーターから、

「ライブドア問題は、こういっちゃあナンですが、微罪の印象がありまして、もっと優先順位の高い問題、例えば外交や財政再建等喫緊の問題がたくさんありますから、ライブドアだけで予算等の問題の処理が遅れては----」

という発言がでてきました。ようやくマスコミの連中の頭が冷えてきたようです。さて次は政局です。民主党の永田某が大ドジ踏んで、自民党にすっかり時間的・精神的余裕を与えてしまいました。

実効ある政策を何にもしない、カッコだけの小泉政権の責任をもっと追及しなければいけないのに、永田某は議員辞職抵抗しているとか。

しつこく下らんヤジを飛ばして、昔、松波議員に国会で水を引っ掛けられたようなヤジ議員などさっさと首にすべきです。

国会はもっと大事な仕事をしなければ!  
Posted by smily2005 at 19:12Comments(0)TrackBack(0)

テレビでようやく「微罪」の声が出始めましたね!

政府とマスコミの、「ライブドア告発」と「ヒューザー問題様子見」という優先順位を誤った対応を苦々しく思っていましたが、ここに来てようやく、テレビのコメンテーターから、

「ライブドア問題は、こういっちゃあナンですが、微罪の印象がありまして、もっと優先順位の高い問題、例えば外交や財政再建等喫緊の問題がたくさんありますから、ライブドアだけで予算等の問題の処理が遅れては----」

という発言がでてきました。ようやくマスコミの連中の頭が冷えてきたようです。さて次は政局です。民主党の永田某が大ドジ踏んで、自民党にすっかり時間的・精神的余裕を与えてしまいました。

実効ある政策を何にもしない、カッコだけの小泉政権の責任をもっと追及しなければいけないのに、永田某は議員辞職抵抗しているとか。

しつこく下らんヤジを飛ばして、昔、松波議員に国会で水を引っ掛けられたようなヤジ議員などさっさと首にすべきです。

国会はもっと大事な仕事をしなければ!  
Posted by smily2005 at 19:12Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月28日

堀江貴文氏とライブドア社は復活する!



●大前研一さんが、2004年に出版された「日本の真実」という本の中で、次のように述べておられます。
「−マスコミの大罪---持ち上げた後はすぐに堕ちた偶像に仕立て上げる−
日本のマスコミは、ものの見方が偏狭で極端だ。一例は、卓抜した企業家、優れた経営者に関する報道の論調である。リクルートの江副浩正さん、ダイエーの中内功さん、イトーヨーカドーの伊藤雅敏さん、ユニクロ(ファーストリテイリング)の柳井正さん、日本マクドナルドの故・藤田田さんらが成功している時は、持ち上げるだけ持ち上げておきながら、失脚したり業績が悪化したりしたら、その途端に手のひらを返して、『堕ちた偶像』に仕立て上げ、悪いことばかり書きたてる。」
●さすがです。大前さんは鋭いです。堀江貴文氏の現在をきっちり予言しています。私がこれまで日本のマスコミにずっと抱いてきた、強い違和感の正体を、氏は見事に言い当てています。
●ところで、日本人の大好きなの文章のひとつに、平家物語の書き出しのフレーズがあります。例の「祇園精舎の鐘の声---」というやつです。特に、その中の章句 『盛者必衰の理をあらわす』 は私も好きですが、この日本人好みの「盛者必衰」ストーリーを、マスコミは、隙あらば作り上げよう、としているような気がします。もちろん受け狙いで。日本のマスコミの記者さんたちはみんな、「平家物語」を書きたいのでしょう、きっと。
●ライブドアの場合、捜査理由のひとつに「株価吊り上げ狙いで風説を流した」という疑いがかけられています。
●しかし、例えば、今、三洋電機が、3000億円の増資が決まったというのに、「出資者が投資ファンドだから、会社が解体される」と新聞が煽り立てるものだから、株価が下がっています。
●ところが、出来高の大きさを見れば、安値を誰かがきっちり拾っているのは明らかです。新聞は、誰かの意を受けて「風説」を流しているんじゃないの?と私なんかは思うわけです。
●といったような、あいまいな話でしょう、「風説流し」っていうヤツは。もちろん手口の「上手下手」はあるでしょうけど。
●ライブドア捜査の、もうひとつの理由に「株価吊り上げ狙いで粉飾決算をした。」というのがあります。確かに粉飾決算は重大な犯罪です。投資家をペテンにかけるわけですから。
●ですが、会計処理には「解釈論」という問題があります。古くから一部上場しているような名門企業でも、税務当局と「会計処理に関する解釈の違い」でときどき揉めています。
●また、某国会議員が絡んでいるヒューザー問題から、国民の目をそらすために、ライブドアをダミーとして捜査させ、マスコミに派手にとりあげさせている、という見方が根強くあります。なかなか、説得力があります。だって、ライブドア問題なんかより、ヒューザー問題の方が、比べ物にならないくらい、はるかに悪質な事件ですからね。なにしろ、人の生死に直接的に関わっているんですから。
●法務省は昔から、政治的な動きをする、ということで評判が悪かったです。法務省の政治体質というか捜査を私物化する体質は、今も変わっていないようです。
●余談ですが、法務省の評判が最悪だったのは、プロ○○機構の某コミッショナーが事務次官をやっていたころです。当時の新聞報道によれば、某次官は「司法当局は、政局に影響を与えてはいけない」という信念の持ち主なんだそうです。「三権分立」というものがわかっていない人なんですね。そんな人が事務次官になっちゃうんですよ、日本の法務省ってところは。従って、某氏は、時の政権の言いなりになっている、と言われていました。
●以上のようなことを考え合わせますと、堀江貴文氏の場合、逮捕されたといっても、こういっちゃあナンですが、言いがかりじみた「微罪」の印象がありますから、私には「復活しない」というストーリーは描きにくいですね。
●ライブドアは財務内容が極めて良いですし、堀江氏も30代前半とまだ若いですから、どちらも近いうちに復活するんじゃないでしょうか。(以上)  
Posted by smily2005 at 11:38Comments(0)TrackBack(0)

堀江貴文氏とライブドア社は復活する!



●大前研一さんが、2004年に出版された「日本の真実」という本の中で、次のように述べておられます。
「−マスコミの大罪---持ち上げた後はすぐに堕ちた偶像に仕立て上げる−
日本のマスコミは、ものの見方が偏狭で極端だ。一例は、卓抜した企業家、優れた経営者に関する報道の論調である。リクルートの江副浩正さん、ダイエーの中内功さん、イトーヨーカドーの伊藤雅敏さん、ユニクロ(ファーストリテイリング)の柳井正さん、日本マクドナルドの故・藤田田さんらが成功している時は、持ち上げるだけ持ち上げておきながら、失脚したり業績が悪化したりしたら、その途端に手のひらを返して、『堕ちた偶像』に仕立て上げ、悪いことばかり書きたてる。」
●さすがです。大前さんは鋭いです。堀江貴文氏の現在をきっちり予言しています。私がこれまで日本のマスコミにずっと抱いてきた、強い違和感の正体を、氏は見事に言い当てています。
●ところで、日本人の大好きなの文章のひとつに、平家物語の書き出しのフレーズがあります。例の「祇園精舎の鐘の声---」というやつです。特に、その中の章句 『盛者必衰の理をあらわす』 は私も好きですが、この日本人好みの「盛者必衰」ストーリーを、マスコミは、隙あらば作り上げよう、としているような気がします。もちろん受け狙いで。日本のマスコミの記者さんたちはみんな、「平家物語」を書きたいのでしょう、きっと。
●ライブドアの場合、捜査理由のひとつに「株価吊り上げ狙いで風説を流した」という疑いがかけられています。
●しかし、例えば、今、三洋電機が、3000億円の増資が決まったというのに、「出資者が投資ファンドだから、会社が解体される」と新聞が煽り立てるものだから、株価が下がっています。
●ところが、出来高の大きさを見れば、安値を誰かがきっちり拾っているのは明らかです。新聞は、誰かの意を受けて「風説」を流しているんじゃないの?と私なんかは思うわけです。
●といったような、あいまいな話でしょう、「風説流し」っていうヤツは。もちろん手口の「上手下手」はあるでしょうけど。
●ライブドア捜査の、もうひとつの理由に「株価吊り上げ狙いで粉飾決算をした。」というのがあります。確かに粉飾決算は重大な犯罪です。投資家をペテンにかけるわけですから。
●ですが、会計処理には「解釈論」という問題があります。古くから一部上場しているような名門企業でも、税務当局と「会計処理に関する解釈の違い」でときどき揉めています。
●また、某国会議員が絡んでいるヒューザー問題から、国民の目をそらすために、ライブドアをダミーとして捜査させ、マスコミに派手にとりあげさせている、という見方が根強くあります。なかなか、説得力があります。だって、ライブドア問題なんかより、ヒューザー問題の方が、比べ物にならないくらい、はるかに悪質な事件ですからね。なにしろ、人の生死に直接的に関わっているんですから。
●法務省は昔から、政治的な動きをする、ということで評判が悪かったです。法務省の政治体質というか捜査を私物化する体質は、今も変わっていないようです。
●余談ですが、法務省の評判が最悪だったのは、プロ○○機構の某コミッショナーが事務次官をやっていたころです。当時の新聞報道によれば、某次官は「司法当局は、政局に影響を与えてはいけない」という信念の持ち主なんだそうです。「三権分立」というものがわかっていない人なんですね。そんな人が事務次官になっちゃうんですよ、日本の法務省ってところは。従って、某氏は、時の政権の言いなりになっている、と言われていました。
●以上のようなことを考え合わせますと、堀江貴文氏の場合、逮捕されたといっても、こういっちゃあナンですが、言いがかりじみた「微罪」の印象がありますから、私には「復活しない」というストーリーは描きにくいですね。
●ライブドアは財務内容が極めて良いですし、堀江氏も30代前半とまだ若いですから、どちらも近いうちに復活するんじゃないでしょうか。(以上)  
Posted by smily2005 at 11:38Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月19日

ライブドアに大騒ぎ!人でも殺したの?

この騒ぎっぷりはいったい何なのでしょう。

人を百人くらい殺したような騒ぎです。

「粉飾」というけれど、会計処理上の解釈論なんて、企業では日常的な話です。

脱税でもしたというなら犯罪でしょうが、利益計上すべきでないものを利益計上したのが事実なら、むしろ余分に税金を払っているわけです。

その結果、不良資産を作ったと言うなら、確かに株主を危険にさらしたことになるけれど、ライブドアは無借金経営とか。

「風説を流した」というけれど、それに踊らされたのは、欲の皮の突っ張った「投資家」連中だけです。

マスコミは一体なにを問題にしたいのでしょう。この騒ぎの目的は何なのでしょう。

「金があれば、女でも何でも好きなだけ買える」と言うような意味の発言をした、ということで堀江氏を嫌う人もおられるようです。

こういう批判については、個人の人生観の問題もあるから、第三者の私がとやかく言うこともありません。

しかに、この見方は、私に言わせれば、物足りない感じがします。

私は、人間は「何を言ったか」ではなく「何をしたか」で判断すべきだと考えています。

堀江氏が、言われているような挑発的な発言をされているのかどうか、私は知りません。彼だって、若気の至りで口が滑った、ということもあるでしょうし。

そんなことよりは、彼のビジネスにおける行動を見ていると、年齢に似合わぬ読みの深さ、細心さ、機敏な行動力、時には命をかける度胸、といったプラスの面の方が、私には目に付きます。

類まれな才能の持ち主であることは疑いようがありません。

ヒステリックに大騒ぎして、せっかくの才能を殺すような振る舞いをしていたのでは、日本のマスコミは、日本の将来に向けて何物も生みだすことができないように思いますが、マスコミの皆さんはいかがお考えでしょうか。(以上)  
Posted by smily2005 at 21:28Comments(0)TrackBack(0)

ライブドアに大騒ぎ!人でも殺したの?

この騒ぎっぷりはいったい何なのでしょう。

人を百人くらい殺したような騒ぎです。

「粉飾」というけれど、会計処理上の解釈論なんて、企業では日常的な話です。

脱税でもしたというなら犯罪でしょうが、利益計上すべきでないものを利益計上したのが事実なら、むしろ余分に税金を払っているわけです。

その結果、不良資産を作ったと言うなら、確かに株主を危険にさらしたことになるけれど、ライブドアは無借金経営とか。

「風説を流した」というけれど、それに踊らされたのは、欲の皮の突っ張った「投資家」連中だけです。

マスコミは一体なにを問題にしたいのでしょう。この騒ぎの目的は何なのでしょう。

「金があれば、女でも何でも好きなだけ買える」と言うような意味の発言をした、ということで堀江氏を嫌う人もおられるようです。

こういう批判については、個人の人生観の問題もあるから、第三者の私がとやかく言うこともありません。

しかに、この見方は、私に言わせれば、物足りない感じがします。

私は、人間は「何を言ったか」ではなく「何をしたか」で判断すべきだと考えています。

堀江氏が、言われているような挑発的な発言をされているのかどうか、私は知りません。彼だって、若気の至りで口が滑った、ということもあるでしょうし。

そんなことよりは、彼のビジネスにおける行動を見ていると、年齢に似合わぬ読みの深さ、細心さ、機敏な行動力、時には命をかける度胸、といったプラスの面の方が、私には目に付きます。

類まれな才能の持ち主であることは疑いようがありません。

ヒステリックに大騒ぎして、せっかくの才能を殺すような振る舞いをしていたのでは、日本のマスコミは、日本の将来に向けて何物も生みだすことができないように思いますが、マスコミの皆さんはいかがお考えでしょうか。(以上)  
Posted by smily2005 at 21:28Comments(0)TrackBack(0)